logo

「Eee Pad」が「ASUS Pad」に名称変更--第1弾は10.1型IPS液晶搭載タブレット

エースラッシュ2012年05月18日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computerは5月17日、従来「Eee Pad」として提供していたAndroidタブレットシリーズ名称を「ASUS Pad」に刷新、第1弾として10.1型IPS液晶搭載タブレット「ASUS Pad TF300T」を6月以降に発売すると発表した。

 ASUS Pad TF300Tは、178度の広視野角な10.1型IPS液晶やNVIDIA Tegra 3を搭載したタブレット。単体で最長約10時間駆動が可能なほか、専用のモバイルキーボードドック接続時には最長約15時間駆動するという。

写真

 主なスペックは、1Gバイトメモリ、32GバイトのeMMC、1280×800ドット表示の10.1型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0 + EDR、ウェブカメラ(アウトカメラ:800万画素オートフォーカス、インカメラ:120万画素)、Android 4.0.3となっている。

 インターフェースは、本体がmicro HDMI出力端子×1、カードリーダ(microSDHCメモリーカード/microSDメモリーカード)×1、マイク/ヘッドフォン・コンボジャック×1。モバイルキーボードドックにはUSB 2.0×1、カードリーダ(SDHCメモリカード/SDメモリカード/マルチメディアカード)×1を備えている。

 サイズと重量は、タブレット本体が高さ9.9mm×幅263mm×奥行き180.8mmで約635g、タブレットにモバイルキーボードドック接続した場合は高さ20.3mm×幅263mm×奥行き180.8mmで約1.1kgとなる。

 希望小売価格については、タブレットとモバイルキーボードドックのセット「TF300-BL32D(ブルー)」と「TF300-WH32D(ホワイト)」が4万4800円、タブレット単体「TF300-BL32(ブルー)」が3万4800円だ。

-PR-企画特集