logo

パイオニア、BDからUSBメモリまで多彩なフォーマットを再生できるBDプレーヤー

加納恵 (編集部)2012年05月16日 19時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「BDP-150」

 パイニアは5月16日、スマートフォン連携に対応した「BDP-150」、薄さ39mmのスリムデザインを採用した「BDP-3110」の2機種のBDプレーヤーを発表した。6月上旬から順次発売する。

  • 「BDP-3110」

 両機種ともに、BD-R/RE、DVDやAVCHD方式で記録した映像の再生が可能。SACDに対応するほか、USBメモリ内に保存したJPEG、MP3などのフォーマットも再生できる。

 BDP-150は、専用アプリ「iControlAV 2012」や「Control App」を利用すれば、スマートフォンやタブレットから基本操作が可能だ。3D映像再生もサポートする。店頭想定価格は2万円前後

 BDP-3110は、高さ39mm×幅360mm×奥行き208mmの省スペースモデル。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。店頭想定価格は1万7000円前後。ホワイトのみ7月上旬発売になる。

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]