logo

KLab、コンプガチャを5月末ですべて終了--業界が自主的に規制すべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KLabは5月9日、同社が提供するソーシャルゲームでのすべてのコンプリートガチャ(コンプガチャ)を5月末で終了することを発表した。以降、コンプガチャを行わないことも決めている。

 コンプガチャを巡って、同社は消費者庁から中止などが要請された場合、従う方針をすでに表明している。

 同社は、監督官庁から指導、要請される前に業界側が自主的に規制することが望ましいとの意見を表明。そのため消費者庁の判断や動向に関係なく、自主的にコンプガチャを停止すべきと判断、今回の決定に至っている。

 通常のガチャとコンプガチャの売上高は区別できないと説明している。だが、コンプガチャを導入前後で比較すると、売り上げが15%程度向上していることから、すべてのコンプ制を廃止した場合、ガチャ部分の売り上げは15%程度下がると予測している。

 ただ、ソーシャル性やイベントなど本来のゲーム性を強化することで、この下落はある程度防げるという。この点も考慮して、同社のソーシャル事業全体の単月の売り上げの下落は5%以下におさまると説明している。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集