logo

ニコニコ超会議で見た御三家たち--東方Project&ボーカロイド編

佐藤和也 (編集部)2012年05月02日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画のなかで、特に人気の高い動画やジャンルは「御三家」と呼ばれている。御三家にはさまざまなものがあるが、ジャンルとして人気が高いのは「東方Project」、「ボーカロイド」(VOCALOID)、「アイドルマスター」の3つ。先日開催されたニコニコ超会議でも、この3つに関するブースなどが出展され賑わっていた。本稿では東方Projectとボーカロイドについて紹介する。

「東方」で注目を集めたのがZUN氏プロデュースのビール

 東方Projectは、ZUN氏が運営する個人サークル“上海アリス幻樂団”が手がける同人作品の総称で、主に弾幕シューティングなどのゲームをリリースしている。創作ジャンルとして大きく盛り上がっているジャンルであり、音楽やイラストなどのニ次創作の動画も多数投稿されている。

 「ニコニコ超会議」において特に注目を集めたのは、ZUN氏プロデュースによるビールの販売。特に「超みかんエール」というオリジナルビールは1日400杯かつ会場限定販売ということで、両日とも午前中には売り切れるほど人気が高かった。

  • ビールの説明書き。ベアートブルーイングというビール工房で作られたものだという

  • なみなみとつがれたビールたち

  • ビール購入者にはオリジナルコースターもプレゼントされた


ビール販売時にはZUN氏(右)のほか、”ひろゆき”こと、ニワンゴ取締役の西村博之氏(左)も姿を見せ、購入者とともに乾杯を行っていた。

 ほかにも東方Projectの作品を題材としたオリジナルのマンガや小説、グッズ等の即売会や、黄昏フロンティア制作の弾幕アクションゲーム「東方非想天則」大会、ライブステージなども行われた。

  • 「東方非想天則」のプレイの模様

  • 即売会の様子

  • 東方Project Live

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]