logo

富士通、既存のスマホで3D撮影ができるアタッチメント--3D変換はクラウド上で

加納恵 (編集部)2012年04月26日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は4月26日、既存のスマートフォンで3D映像を撮影できるアタッチメントとクラウドサービスを開発したと発表した。

 スマートフォンのカメラレンズ部にアタッチメントを装着し、撮影した映像をウェブサイトにアップロードすることで、3Dに変換される仕組み。アタッチメントはミラーを内蔵することで、1つしかないレンズを擬似的に2つにし、左右2つの映像を撮影。その際生じる歪みをウェブサイト上で補正し、変換することで3D化できる。

  • アタッチメントをスマートフォンに装着

  • アタッチメントを用いて2つの映像を撮影する

  • アタッチメントを装着したスマートフォンの撮影画面

 映像処理部分をクラウド上で実行することで、携帯電話やスマートフォンのCPUに依存しない動作が可能。小型で安価なアタッチメントと組み合わせることで、3D映像の撮影機会を広げられるとしている。

 3Dへと変換するウェブサイトは「ニフティクラウド」の仮想サーバ上に設置し、「デイリーポータルZ」と共同で実証実験を実施するとのこと。デイリーポータルZ編集部が企画、運営を手がける3Dコンテンツのポータルサイト「3DポータルZ」内ではアタッチメント利用者の募集も受け付けている。

 アタッチメントは高さ14mm×幅57mm×奥行き14mm。3D映像はフルHD解像度で撮影されたもので、WVGA程度の画質に変換されるとのこと。3D変換に要する時間は数秒程度とのことだ。

 富士通研究所ではあくまで研究開発の段階としており、商品化は未定だ。

  • 撮影から3D変換までの流れ

  • 3Dに変換するクラウドサービスは「デイリーポータルZ」を使用する

  • 変換された3D画像。こちらはアナグリフ方式。会場内ではアクティブシャッター方式、裸眼3Dディスプレイでの視聴環境も整えられていた

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]