logo

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事を使った英語学習アプリ「Best English」

坂本純子 (編集部)2012年04月26日 14時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパンは4月26日、iOS向けにウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版で掲載された記事を使用した英語学習アプリ「Best English-ベストイングリッシュ-」を提供開始した。App Storeからダウンロードできる。価格は170円。


ベストイングリッシュ

 ベストイングリッシュは、WSJ日本版で掲載された「記事学習」と、日常会話やビジネスシーンで使える「フレーズ学習」の機能を備える。プリインストールされている約50本の日常会話やビジネスシーンで使えるフレーズも学習できる。

 WSJ日本版の記事は、毎月2回アプリ経由で有料配信される。WSJ日本版編集部が厳選した英語原文記事と日本語訳文記事、音声を加えた10本分のコンテンツを1号当たり170円でダウンロード可能だ。

 なお、発売記念キャンペーンとして、5月31日まで170円の本体を無料、170円の各号の記事を85円で提供している。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集