logo

欧州特許庁、ノキアとHTCとの特許訴訟でIPComの特許を無効と判断

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年04月26日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NokiaとHTCはこのほど、ささやかながら貴重な朗報を得た。

 欧州特許庁は現地時間4月25日、ドイツを拠点とするIPComが両社との法廷闘争で訴えの根拠としている特許1件について、現在の形では無効との判断を示した。Reutersによると、この特許はモバイル端末のネットワークへの初回接続に関するものだという。

 欧州特許庁による今回の決定のわずか数日前には、ドイツのマンハイム地方裁判所の判事が、緊急サービスに関してIPComが保有するモバイル関連特許をNokiaが侵害していたとの判決を下していた。ただしこの判決で問題とされたのはNokiaの製品でも古いモデルで、より新しいNokia製機器では同じ技術を採用していない。

 IPComは何カ月もの間、HTCおよびNokiaと特許紛争を繰り広げている。モバイル関連特許を数多く保有するIPComは2011年、HTCの小売業者や卸売業者に警告状を送付し、HTC製品の販売を中止するよう求めた。その数カ月前には3Gに関する特許をめぐりIPComは英高等法院でNokiaに勝訴した。

 IPComはReutersに対し、今回の判決について控訴する意向を明らかにするとともに、NokiaおよびHTCとの訴訟におけるこれまでの判決に影響を与えることはないだろうとの見方を示した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]