logo

ソニー製品と連携したネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」を発表

佐藤和也 (編集部)2012年04月17日 16時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、500GバイトのHDDおよび地上デジタル・衛星デジタルチューナーを搭載したネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」を発表した。発売日は7月19日で、価格は1万6980円。

 このnasne本体を家庭内ネットワークに接続することで、PS3用アプリケーション「torne」や、ソニーが新たに開発したVAIO用のnasne対応視聴・録画アプリケーション「VAIO TV with nasne」を使って、地上デジタル放送ならびに衛星デジタル放送のテレビ番組視聴や録画が可能となる。

 さらにPS3、PS Vita、VAIO、“Sony Tablet”、Xperiaを使用しているユーザーは、nasneを通じて録画した番組コンテンツをこれらのnasne対応機器で共有することができるほか、放送中の番組や録画した番組を、家庭内において2つの機器で同時に楽しむことができる。

 また、ソネットエンタテインメントの「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」とも連動。外出先でも、PS Vita、PC、タブレット、スマートフォンなどのモバイル機器から家庭内にあるnasneにアクセスし、テレビ番組の録画予約が可能となっている。

 さらにnasneはメディアストレージとしての機能も備え、保有している動画や画像、音楽などのさまざまなコンテンツをnasneに搭載されている500GBのHDDに保存し、家庭内ネットワーク上にある各種DLNA対応機器と共有することができるうえ、外付けHDDを接続することで容量の拡張も可能だ。

 ソニー代表執行役社長CEO兼ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役会長の平井一夫氏は「ナスネがホームエンタテインメントのハブとなり、ソニーグループが持つネットワークに対応したさまざまな製品群とつながることで、ソニーならではのシームレスなユーザー体験を提供します。ナスネは、専用アプリケーションを通じて様々なソニー製品でテレビ番組を楽しむことを可能にし、視聴スタイルの自由度を飛躍的に高めます。今後も、ソニーグループ内の連携を強化し、世界中のお客さまに感動を与え、好奇心を刺激するような魅力的な商品やサービスをお届けしてまいりますのでご期待ください」とコメントしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集