logo

「Google+は『ソーシャルの背骨』」:グーグルL・ペイジCEO、自社SNSを語る

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月13日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるLarry Page氏は米国時間4月12日、決算発表の電話会見において、数分間を割いて同社のソーシャル製品「Google+」について語った。同氏はGoogle+を「ソーシャルの背骨」と呼び、同サービスが単なる目的地ではなく、Googleの全製品に対する統一的なソーシャルフレームワークであることを強調した。

 Page氏は、「1億7000万人のユーザーがGoogle+にアップグレードした」という話題を繰り返したが、スタンドアロン製品としての同ソーシャルサービスにおけるユーザー数を明らかにはしなかった。同氏は、「ソーシャルの目的地である同製品は、健全な成長を遂げる新製品として進化している」と述べた。Googleは、一部のGoogle+ユーザーが100万人以上ものフォロワーを抱えていることに満足しているとPage氏は述べ、自身のフォロワーも200万人を超えることを明かした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集