logo

セガ、「デジタリアル」をコンセプトに東京ジョイポリスをリニューアル

佐藤和也 (編集部)2012年04月12日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは4月12日、東京・台場にある屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」を7月14日にリニューアルオープンすると発表した。

 東京ジョイポリスは1996年7月に開業した、お台場を代表するレジャースポットとして1500万人以上が来場している屋内型テーマパーク。現在は改装工事のため休館している。

東京ジョイポリス
東京ジョイポリス新ロゴ
東京ジョイポリス
メインビジュアル

 今回のリニューアルは開業以来の最大規模で行われ、施設コンセプトとロゴマークを一新。同社では、家庭用ゲームなどのデジタルコンテンツとアミューズメント施設の運営などのリアルコンテンツの2つのフィールドでさまざまな遊びを創造してきたことから、東京ジョイポリスのリニューアルコンセプトに、デジタルとリアルの融合を意味する「デジタリアル」を掲げている。

 新コンテンツとして、デジタル映像とリアルパフォーマンスが融合したライブステージ「デジタリアル ライブ ステージ」を導入するほか、最新の映像表現である「プロジェクションマッピング」を使ったタイムイベントショー、人気アトラクションのリニューアルを含め、デジタル要素を盛り込んだアトラクションや飲食スペースなど、施設コンセプトを体現する5大デジタリアル体験で、全く新しい非日常体験を来場者に提供するという。

 セガは今後エンタテインメントパーク事業において、2013年春横浜にて開業する英国放送協会(BBC)の映像資産を活用した自然がテーマの新業態施設など、多様なマーケットに対応できる業態を開発し、施設のグローバル展開も視野に入れ、成長著しいアジアを中心とした海外への展開を拡大していくとしている。

  • デジタリアル ライブ ステージ

    (C)SEGA

  • アトラクション「ハーフパイプキャニオン」

  • アトラクション「「スピンバレット」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]