logo

「弁護士ドットコム」、法的観点から時事ネタを解説する新コンテンツ

岩本有平 (編集部)2012年04月12日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーセンスグループは4月12日、同社が運営する法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」にて、さまざなニュースや話題の出来事を法的観点から解説するコンテンツ「弁護士ドットコムトピックス」の提供を開始した。

 弁護士ドットコムトピックスでは、注目事件の公判予定や判決結果などを紹介する「ニュース」、話題の出来事を法的観点から解説する「コラム」、同社に登録する弁護士からの意見を集約した「オピニオン」の3つのコンテンツを提供する。当初はコラムの掲載から開始し、ニュースとオピニオンについては5月以降の提供を予定する。

 弁護士ドットコムは約4000名の弁護士が登録する日本最大級の法律相談ポータルサイト。現在日本の弁護士の登録数は約3万2000人なので、国内8人に1人の弁護士が登録している計算となる。サイト内で提供する法律特化型Q&Aサービス「みんなの法律相談」での累計法律相談件数は18万件以上。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集