logo

ソースネクストら、Androidアプリをプリペイドカードで展開--携帯電話ショップで

坂本純子 (編集部)2012年04月09日 16時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソースネクストとティーガイア、日本ユニシスは4月10日、ソースネクストのAndroidスマートフォン向けアプリをギフトカード/プリペイドカード形式で販売を開始すると発表した。携帯ショップで販売し、将来的には他の形態の店舗を含めて1000店舗での取り扱いを目指す。

 このカードは、ティーガイア、日本ユニシスが展開する「ギフトカードモール」を利用したもの。ギフトカードモールに対応したPOSレジで入金処理をすると使用が可能となる新方式のギフトカードだ。店舗では、仕入れや棚卸しが必要がないといったメリットがある。

 また、ユーザーは指定のウェブにアクセスして、カードに記載されているシリアルキーを入力することで、アプリをインストールできる。スマートフォンを利用したインターネット決済の必要がないため、セキュリティ面でもより安心して利用できるとしている。

 今回発売するアプリは、自動でバッテリ消費を抑える「超節電」(1980円)と電話帳からアプリまでバックアップできる「超保存」(1980円)、定番ゲーム5本を楽しめる「麻雀・将棋・囲碁(他2タイトル)」(1500円)の3つがラインアップする。初心者向けの「Android 厳選アプリ」シリーズの中からニーズが高い製品を選んだとしている。


プリペイドカードとカードの使い方

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集