logo

パラマウント、「YouTube」と「Google Play」のレンタルサービスに映画を提供へ

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年04月05日 13時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Paramount Picturesが同社の映画約500タイトルについて、「YouTube」および「Google Play」のレンタルサービスへの提供で合意したことが、米国時間4月4日に発表された。

 米CNETでは3月22日、早ければ2012年の夏にGoogle Playで映画の販売が開始される可能性があると報じていた。

 GoogleとParamount Picturesの声明は以下の通り。

 「キャプテン・アメリカ」「ヒューゴの不思議な発明」「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」といった人気の新作に「星の王子 ニューヨークへ行く」や「ゴッドファーザー」などの旧作を加えた、およそ500タイトルがレンタル可能になる。

 これらのParamount Picturesの作品は、Google PlayおよびYouTubeで米国とカナダの消費者に対して提供される。

 2011年、われわれは独立系および大手の映画会社と契約を結び、世界規模でレンタルサービス事業を拡大することに注力した。その結果、大手映画会社6社のうち5社(Paramount、Sony Pictures、Universal、Walt Disney Studios、Warner Brothers)に加え、10社以上の独立系映画会社(Lionsgate Films、Magnolia、Starz、Weinsteinなど)の映画を提供できることになった。

 この10カ月の間に、われわれはカナダ、英国、日本、および(3月最終週からは)フランスでレンタル事業を開始した。

 レンタル価格は、新作が3.99ドル、ほとんどの旧作が2.99ドルになる予定だ。ほぼすべてのタイトルが視聴開始から24時間見ることができ、われわれの提供作も大半は視聴可能時間が24時間に設定される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]