D2C、「radiko」開発のアルフレッドコアに7000万円の出資

藤井涼 (編集部)2012年04月02日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C)は4月2日、SaaSクラウド型サービス「ALFCLOUD」やスマートフォンアプリ「radiko.jp」を開発するアルフレッドコアへの出資を決定し、3月30日に払込を完了したことを発表した。出資金額は約7000万円。

 D2Cは、アルフレッドコアの新株発行による第三者割当増資を受け、同社株式の350株を取得したとしている。

 両社は今後、アルフレッドコアが持つ動画配信技術や開発力を用いて、新規サービスやソーシャルサービスを開発していく。またD2Cは、スマートフォンサイトやアプリ開発の体制を強化し、開発スピードの向上および効率化を図っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加