logo

Facebookへの画像投稿--iPhoneで6割、Androidで3割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は3月28日、スマートフォンユーザーを対象に実施した「携帯コンテンツに関する利用動向調査-第15回」の結果を発表した。iPhoneユーザーの約6割、Androidユーザーの約3割がFacebookに画像をアップしているという。

 スマートフォンで撮影した写真の活用を聞くと、全体の7割超が「携帯電話に保存」と回答。OS別に見ても、iOSが77.7%、Androidが71.7%と、どちらも7割以上となっている。

図 スマートフォンのカメラで撮った写真の活用法
※クリックすると拡大画像が見られます

 次いで多かったのが、iPhoneユーザー、Androidユーザーとも「Facebookに画像をアップしている」。OS別ではiOSが61.6%、Androidが31.9%であった。その次に多かった「Twitterに画像をアップしている」との回答は、iOSが38.4%、Androidが18.7%という結果になっている。

 2011年9月に実施した同調査では、スマートフォンユーザー全体の41.0%が「Facebookに画像をアップしている」、43.2%が「Twitterに画像をアップしている」と回答。今回の調査では、全体の41.0%が「Facebookに画像をアップしている」、24.8%が「Twitterに画像をアップしている」と回答し、FacebookがTwitterを上回った。

 調査は3月8~12日にモバイルネットのオンライン調査で行った。有効回答は363人。

-PR-企画特集