logo

マクセル、自然な音色を再生する「HiFiREVERB」採用のワイヤレススピーカ

加納恵 (編集部)2012年03月23日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは3月22日、残響コントロール技術「HiFiREVERB(ハイファイリバーブ)」を採用したワイヤレススピーカー「MXSP-HF5000」を発表した。コンサートホールのような自然な音色を再生できるという。発売は3月24日。店頭想定価格は4万円前後になる。

  • 「MXSP-HF5000」

 HiFiREVERBは、残響音と直接音を分離し、残響音を独立してコントロールすることで自然な音場を創ることに成功した音響技術。アルゴリズムにより音源全体を加工して創っていた人工的な音響に比べ、コンサートホールやスタジオのようなリアルな音響を作り出せるとしている。

 MXSP-HF5000は、コントローラとスピーカから構成され、ポータブルオーディオやスマートフォンなどのオーディオプレーヤーをコントローラとステレオミニプラグで接続することで、音楽再生が可能。コントローラとスピーカは2.4GHz非圧縮デジタルワイヤレス伝送を採用するため、プレーヤーを手元に置いたままスピーカの操作ができる。

 コントローラ部には残響レベル調整スイッチを備え、15段階の残響効果レベルに調整が可能。オーディオ出力にヘッドホンを接続しても音響効果は得られるとしている。

 スピーカ部は高さ148mm×幅417mm×奥行き180mmで、重量は約2.1kg。レッド、ブラック、ホワイトの3色を用意し、デザインはプロダクトデザイナーのみやけかずしげ氏が担当している。

 コントローラ、スピーカ部ともに電源が必要で、それぞれACアダプタが付属する。コントローラ部はACアダプタのほか、単3形乾電池4本でも駆動可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集