logo

「Google Earth」、AndroidとiOS向けに最新版--KMLファイルをサポート

Jaymar Cabebe (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月19日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月16日、「Android」と「iOS」向けの最新版「Google Earth」をリリースした。長く待たれていた機能であるKMLファイルのサポートが追加されており、モバイルマッピング体験をデスクトップでのものに近づけた。

 KML(Keyhole Markup Language)は、Google Earthブラウザ上に地理データを表示するために使用されるファイル形式だ。

 この新機能によって、Androidデバイスや「iPad」「iPhone」で、ウェブ上にあるGoogle Earthファイルをクリックして、場所のマーク、画像オーバーレイ、テキストによる説明といったカスタム要素をGoogle Earthの画面上に表示できる。

 アップデートされたアプリでは、追加されたKMLサポートを活用するため、「Google Earth Gallery」を使用して、ウェブ上にあるカスタムマップのコレクションを検索できる。

 さらにAndroid版では、KMLに加えて、新しい「Share」機能が追加され、現在のマップビューのスナップショットを、「Gmail」やTwitter、デバイスにインストールされている多くのアプリなどを使用して、簡単に共有できるようになる。

 「Google Earth 6.2」は、「Google Play」ストアと「App Store」で入手できる。

Wikilocトレイルオーバーレイを表示させたGoogle Earth画像 Wikilocトレイルオーバーレイを表示させたGoogle Earth画像
提供:Screenshot by Jaymar Cabebe/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集