logo

2012年のPC市場、回復は緩やか--ガートナー予測

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年03月09日 13時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PC市場は2012年も大きくは伸びないと見られるが、2013年には回復しそうだ。

 調査会社Gartnerは米国時間3月8日、2012年の世界のPC出荷台数を前年比4.4%増の3億6800万台との予測を発表した。増加幅は大きくないが、2012年は少なくとも2011年に比べて改善が見られそうだ。2011年の世界のPC出荷台数は3億5280万台で、このときは前年に比べて0.5%の増加でしかなかった。

 PCメーカーは、景気低迷や供給制限、そして特にスマートフォンおよびタブレットとの競争により厳しい状況に直面している。

 「従来はPCの領域だった電子メール、ソーシャルネットワーキング、インターネット接続などのアプリケーションの利用は、今ではメディアタブレットやスマートフォンで行われ、場合によっては、こうしたデバイスの方が高く評価されて魅力的になっている。消費者は今後、自分にとって必要な作業を考え、そうした作業を行う際にどのデバイスが、効率や楽しさ、利便性の点で最も優れているかを判断するようになる」と、Gartnerのリサーチディレクターを務めるRanjit Atwal氏は声明で述べた。

 だが、ウルトラブックと「Windows 8」の影響で2013年は業界に追い風が吹き、2012年よりも穏やかな1年になる可能性がある。Gartnerは2013年のPC出荷台数を前年比8.5%増の4億台と予測している。

 「消費者が購入対象の機器に求める新たな水準の革新を達成しようとPC市場は躍起になっているが、PCの出荷は2012年も低調なままと見られる。問題は、機器の早期導入者の心をつかんで再びPCに夢中にさせる製品を、Windows 8やウルトラブックが生み出せるかどうかだ」(Atwal氏)

 成熟した市場では新しいPCの購入ではなく既存のPCからの乗り換えが続き、売り上げの増加が見込めるのは新興市場と予想される。Gartnerは新興市場が2012年以降の世界におけるPCの成長のカギになると見ている。

 「われわれの予測では、2012年と2013年以降は新興市場の成長に支えられ、新興市場のシェアは2011年の50%強から2016年には70%近くまで増加する。新興市場はPCの普及率がかなり低く、他の機器が入手可能でもPCが着実に普及するとまだ考えている」と、Atwal氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集