logo

世界最速の脚式ロボット「Cheetah」、DARPAが映像公開

Bonnie Cha (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年03月06日 14時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国防高等研究計画局(DARPA)は、すぐにでも悪夢製造局となりそうだ。

 DARPAは、怪物のような「AlphaDog」だけでは脅し足りなかったのか、今度はネコ科の「Cheetah」を用意してきた。走って安全な場所に逃げ込みたくなるが、追いつかれてしまうだろう。

 Boston Dynamicsが開発したCheetahは現在、世界最速の脚式ロボットであるという。DARPAは米国時間3月5日、ビデオを公開し、Cheetahが速度を変えて研究所内にあるランニングマシン上を走り、最終的にその速度が時速18マイル(約29km)に達したことを示した。これは、1989年に達成した速度記録である時速13.1マイル(約21.1km)を更新したことになる。

 エンジニアは、本物のチーターのような足の速い動物の動きを真似てCheetahロボットを設計した。背骨の曲げ伸ばしにより、この四脚ロボットは、歩幅を広げたり、走る速度を上げたりすることができる。

 Boston Dynamicsの社長であるMarc Raibert氏は、同ロボットの開発を2011年2月に受託した際、ロボットが本物のチーターと同じ早さ(最高時速70マイル、最高時速約112km)で走れないわけはないと考えているが、実現するにはある程度時間がかかると思うと述べていた。

 Cheetahは、ロボットの性能の改善および向上を追究するDARPAのMaximum Mobility and Manipulation(M3)プログラムの一部である。同局から具体例が示されることはなかったが、Cheetahのようなロボットは、さまざまな軍事用途において役立つと思われる。

 DARPAは、2012年中に試作機による自走テストの実施を計画している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集