logo

宿泊予約サイトを横断検索--出張時に役立つiPhoneアプリ「出張ホテル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出張に向けて宿泊するビジネスホテルを探したい──。そういった時に役立つのが、ホテル検索に特化したナビゲーションアプリ「出張ホテル」だ。アプリを起動すると、エリア、宿泊日、予算などのチェックリストが表示される。

  • 料金区分が一目でわかるようになっている。矢印をタップするとホテルの詳細が表示

 ホテルの探し方は、「全国都道府県から探す」「駅から探す」「現在地から探す」のいずれかの項目から選択。ホテルのアイコンをタッチするとホテル名と宿泊料金が表示され、さらにタッチするとホテルの詳細情報が現われる。外観写真、住所、アクセス、料金体系、各旅行会社のおすすめ宿泊プランも確認できる。現在地から探すを選ぶと、GPS計測がスタート。現在地から4km以内のホテルが地図上に表示されるので、初めて訪れた場所でも迷わずに済む。また、地図からだと見にくいと感じたら、リストに切り替えることもできる。

 各ホテルチェーンからの検索も可能だ。東横イン、スーパーホテル、アパホテルなど25社を選択して、絞り込み検索をかけられる。

  • 宿泊時のオプションも追加可能。検索をかけ直す必要がない

 料金検索も気の利いた内容となっている。最低料金区分が4種類に色分けされており、効率的に目的のホテルを探すことができる。楽天トラベル、JTB、じゃらんをはじめとした定番12サイトを横断検索でき、価格の比較も可能。インターネットからの閲覧だと、検索結果が複数表示されたり重複する場合もあるが、出張ホテルを使えばそのような煩わしさから解放される。

 もし「楽天トラベル」をよく利用するユーザーであれば、当然「楽天トラベル」で宿泊予約をすることでポイントを貯めたいと考えるはずだ。予約自体はアプリ内に組み込まれたブラウザを使って各旅行会社のサイト上で行う。これにより、ポイントを損することなく貯めることが可能なのだ。

 出張する機会が多い人はもちろん、年に数回しか出張がない方にもおすすめしたい。ただし大前提として“ビジネスマンが出張先でホテルを探す”という用途に特化することで、複雑な操作や入力の手間を省き、最適な作り込みがされている。例えば、「宿泊経費ギリギリでいいホテルに泊まりたい」時は、予算の項目を変更するだけでいい。「スケジュールがタイトなので駅から一番近いホテルがいい」という場合は駅を指定検索すれば、地図を広げずとも探し当てられる。限られた経費、時間を無駄にすることなく、簡単に宿泊予約が取れる。ビジネスマンのニーズを満たしてくれるはずだ。

 限られた予算で、少しばかりの贅沢がしたい。そう思った時は「出張のこだわり」の項目を見てみるといい。大浴場の有無、ルームシアター付きの部屋、コンビニが近くにあるホテルまで調べられる。

 単純にホテルを探し予約をスムーズにするだけでは終わらないのが、本アプリの魅力だ。痒いところに手が届く「出張ホテル」。ダウンロードしておいて損はないだろう。

>>出張ホテルのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集