logo

ソニー、スマホもPCもいい音で聞けるホームシアターシステム

加納恵 (編集部)2012年03月01日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月1日、2.1chのホームシアターシステム「HT-FS30」を発表した。テレビのほか、スマートフォンやPCに接続して広がり感ある音を再現するという。発売は4月28日。店頭想定価格は2万3000円前後になる。

  • 「HT-FS30」

 HT-FS30は、フロントスピーカとサブウーファから構成される2.1chシステムだ。サブウーファに「スマート・BASS・テクノロジー」を新搭載することで、高さ325mm×幅175mm×奥行き368mmのコンパクトボディながら豊かな低音を再現できるとしている。

 小音量時でも人の声がクリアに聞き取れる「クリアーボイス設計」も搭載。独自技術「S-Force PRO フロントサラウンド 3D」により、画面の位置と合ったセリフの定位と上質なサラウンド空間を再現できるとのことだ。

 本体には2.5mの光デジタルケーブルと、1.5mのオーディオケーブルを同梱し、デジタルオーディオプレーヤーと接続して視聴することも可能。デジタル音源の高音域を再現する「ポータブルオーディオエンハンサー」も備える。

  • 「RHT-G10EX」

 あわせて、ラック内にサウンドシステムを内蔵したシアタースタンドシステム「RHT-G10EX」も発売する。店頭想定価格は5万円前後。46、40、32V型のテレビと組み合わせて使用でき、棚板は2段階の調整が可能。本体サイズは幅1130mm×高さ460mm×奥行き435mmになる。

 両機種ともにBlu-ray Discソフトのロスレス音声規格「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」に対応。液晶テレビ「ブラビア」のリモコン1つで簡単・快適に操作ができる「ブラビアリンク」、スタンバイ時の消費電力を低減する「パススルー」「オートスタンバイ」などの省電力機能も内蔵する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集