logo

コワーキングの敷居を下げ、地域と結びつく場を作る--横浜「タネマキ」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域と結びついたコミュニティ作りも

 事業を立ち上げる人やフリーランスの人の多くは上京してしまうケースが多いのが現状だ。だからこそ、横浜にスペースを構えるタネマキでは、地域との結びつきを大切に考えているという。

 「もっと地域に密着したビジネスをやっている人たちの集まる場になればいい。だからこそ、コワーキングという働き方の敷居を下げていきたい」(上津原氏)。コワーキングを敬遠していた地元の企業や個人も気軽に集まることこそが新たな可能性を生むというわけだ。タネマキでは今後、税務相談会や地元の弁護士などを呼んだ契約書や規約書の作り方についての相談会なども企画するという。「地元企業と連携して、横浜を盛り上げる一助になればいい」(上津原氏)

 コワーキングの敷居を下げ、もっと広く一般の人に対してメッセージを発信しているタネマキは、今後、事業家やフリーランスと地域との結び、そこから新しいアクションを生み出す、「場」として機能していくという。落ち着いた雰囲気の中で作業しつつも、地域と結びついたコミュニティが生まれることこそ、コワーキングの新しい可能性があるのだろう。

  • 名称:タネマキ
  • 住所:神奈川県横浜市西区岡野1-3-10
  • 利用形態:1日利用1000円、月額利用1万2600円
  • 利用時間:10時~19時
  • オープン:2011年12月1日
  • タネマキの外観。大通りに面しているため、通りの人の往来は多い。

  • もともと倉庫だったスペースを改装して作ったのだという

  • 現在作成中だというバーカウンター

  • こちらは作成中の本棚。バーカウンターともども利用者の意見をも取り込んで作っていくのだという

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]