logo

雑誌広告のオンライン送稿サービス--NECとデジタルセンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月24日、デジタルセンドと協業し、雑誌広告のオンライン送稿サービスを開始した。雑誌広告デジタル送稿推進協議会が規定したJ-PDFフォーマットの原稿をネット経由でセキュアなネットワークを通じて送稿できるという。

 同サービスを利用することで、NECのクラウドサービス基盤「RIACUBE」を活用した高セキュリティ下での安全な原稿取得や媒体情報の一元管理、入稿時間の短縮が可能になり、これまで仕様書、出力見本の手渡し、MOやCDなどでやりとりしていた広告送稿業務フローを改善できるという。

 広告送稿業務に関わる関係各社の担当者が、広告原稿の閲覧だけでなく、容易かつ安全に情報の修正ができるため、掲載事故のリスクを低減できるとしている。

 刷版を出力する前にデータを確認できるプリフライトチェックも可能となっている。プリフライトチェックのシステムは、海外のAdstreamが提供するグラフィックオンラインサービス「Quickcut」をベースにNECが日本市場向けにローカライズしたもので、雑誌向けの機能や画面、通信セキュリティなどが強化されている。

 システムインテグレーションとテクニカルサポートはNECが担当し、デジタルセンドがサービスを提供する。

-PR-企画特集