logo

日本企業4社、LTEなど4通信方式対応モデムを開発--消費電力20%減

松田真理 (マイカ)2012年02月24日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通の4社は2月24日、GSM、W-CDMA、HSPA+、LTEの4通信方式に対応したモデム技術を共同開発したことを発表した。主要ネットワークベンダーとの接続に必要な全試験工程を完了したという。

写真 開発したLSIのサンプル

 今回の開発によって、これまで端末内に2つ搭載していたLSIを1つに集約することが可能になる。これにより、モバイル通信機器のコンパクト化につながるほか、端末の価格低減にも貢献するという。通信時や待ち受け時の消費電力を従来比で最大20%まで低減できるという。

 今後、4社を含む合弁会社を通じて、国内外への販売を展開する予定。次世代の通信規格である「LTE-Advanced」への拡張対応も視野に入れるとしている。

-PR-企画特集