logo

イオンら4社の協業プロジェクト「A touch Ru*Run」本格始動

加納恵 (編集部)2012年02月22日 18時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本、イオン、シャープ、ハーストーリィプラスの4社は2月22日、家族をターゲットにした新サービス「A touch Ru*Run(エータッチ ル*ルン)」を発表した。タッチパネル式のタブレット端末を用い、家族間の連絡がとれたり、スケジュール管理ができたりするほか、ネットスーパーでの買い物、電子書籍の購入などにも対応する。

  • 専用タブレット端末10インチと7インチを用意

 上記4社は2011年2月に「イオンネットスーパー」などのオンラインショッピングと家族みんなで楽しめるコミュニケーションサービスを提供する協業プロジェクトをスタート。広島県内で30名の主婦を対象にトライアルモニターを実施し、機能やユーザーインターフェースなどの研究を重ねたという。

  • 2012年中旬をめどにWAONでの決済も可能になるという

 A touch Ru*Runは、タブレット端末、アプリケーション、サポートを組み合わせたサービス。端末上からイオンネットスーパーにアクセスしてネットショッピングができるほか、子どもが帰宅すると携帯電話に帰宅を知らせる連絡が入るなどのコミュニケーションツールとして利用できる。

  • タブレット端末の裏面にはカードポートを用意

 ターゲットを主婦に据え、PCやスマートフォンなどの操作に不慣れな人でも扱える簡単操作、サービスを提供することが特長。オペレーターがタブレット端末の画面を遠隔操作して操作を助けてくれるなど、充実したサポートサービスも用意する。

  • メインコンテンツとなるイオンのイオンネットスーパー。ユーザーごとに4つの買い物バリエーションをそろえる

 利用するには専用のシャープ製タブレット端末とWi-Fi環境が必要で、タブレット端末は7インチ「RW-N107」(価格:3万9800円)と、10インチの「RW-N110」(同:4万9800)の2種類をラインアップ。NTT西日本が提供する家族間のスケジュール調整や帰宅時の連絡などができる「くらしフルサービス」(月額315円、年額3465円)への申し込みが必須となる。

  • 写真左からシャープの中山藤一氏、NTT西日本の小林充佳氏、イオンの縣厚伸氏、ハーストーリィプラスの佐藤緑氏

 サービス開始は3月12日。関東と広島エリアからスタートし、順次全国へ展開する予定とのこと。タブレット端末はイオンのネットショップ「aeonshop.com」にて販売されるほか、追ってイオンの店頭でも提供される。

 ネットショッピング時の決済は、クレジットカード、代金引換などが利用できるほか、2012年中旬まではイオンで利用できる電子マネー「WAON(ワオン)」の利用もできるとのこと。タブレット端末は非接触ICカードの無線通信規格Near field Communication(NFC)に対応し、自宅でカードの残高も確認可能だ。

 地域密着型の商品、サービス開発などを手がけるハーストーリィプラスは、ターゲット層となる主婦層の会員を多く持つという特長をいかし、商品開発時におけるアドバイザー的役割を果たしたという。代表取締役の佐藤緑氏は「PCやスマートフォンは使い勝手が難しくて、ちょっとの機能しか使わないというケースもあるが、今回のA touch Ru*Runは、子どもと一緒になって会話しながら入力したり、コンテンツを楽しめたりできることがコンセプト」とサービス内容を話した。

 NTT西日本取締役の小林充佳氏は「家族が元気になる、豊かな生活になるためのお手伝いができないかという思いが形になったのがA touch Ru*Run。新たなコミュニケーションツールとして活用してほしい」とした。

-PR-企画特集