logo

VAIO春モデルに2シリーズ3機種追加--BDXLドライブ搭載モデルなど

エースラッシュ2012年02月22日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月21日、個人向けPC「VAIO」の2012年春モデルに2シリーズ3機種を追加、3月3日から発売すると発表した。1月25日にVAIOの2012年春モデルを発表しているが、今回新たに2シリーズ3機種を追加した。

  • VPCL249FJ/B

 BDXL対応のBDドライブを搭載する24.0型ワイド液晶一体型ボードPC「Lシリーズ」として「VPCL249FJ/B」と「VPCL248FJ/WI」が登場。どちらも処理能力の高いCore i7-2670QM(2.20GHz)や8Gバイトメモリを備える。VPCL249FJ/Bには3D対応のタッチパネル液晶も採用されている。市場推定価格はVPCL249FJ/Bが25万円前後で、VPCL248FJ/WIが22万円前後となっている。

  • VPCL248FJ/WI

 地上デジタルチューナを搭載したスタンダードボードPC「Jシリーズ」としては、2種類の本体カラーが選べる「VPCJ236FJ/W・B」が登場した。主なスペックは、Pentium B960(2.20GHz)や4Gバイトメモリ、約1.5TバイトのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、地上デジタルチューナなど。市場推定価格は12万円前後だ。

  • VPCJ236FJ/W・B

 1月25日の時点で未定だったノートPCの一部機種についても発売日が発表された。13.3型ワイド液晶を搭載した「Sシリーズ」の標準仕様(店頭販売)モデル「VPCSB47FJ/B」「VPCSB47FJ/W」「VPCSB47FJ/P」が3月3日。「Yシリーズ」の標準仕様(店頭販売)モデル「VPCYB49KJ/S」「VPCYB49KJ/P」「VPCYB49KJ/G」については3月10日となっている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集