logo

ブイキューブ、シンガポールにR&Dセンターを開設

藤井涼 (編集部)2012年02月14日 17時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブは2月14日、同社のウェブ会議システム「V-CUBE」の研究開発拠点として、シンガポールにR&Dセンターを開設したと発表した。当面は日本人の技術スタッフ数名が常駐し、2012年度末までにシンガポールや近隣諸国から、10名程度の技術者を採用する予定。

 ブイキューブでは、R&DセンターをV-CUBEのグローバル展開に向けた海外窓口と位置づけており、将来的には同社の技術やノウハウを集約した開発拠点にしていく予定。また、ブイキューブは2009年にマレーシアに現地法人を設立しており、今後のアジア圏でのサービス強化・推進のためにも、R&Dセンターは重要な役割を果たすとしている。


ブイキューブのR&D センターが入居しているクロスコープ シンガポール

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • BCP対策:後編

    今、改めて考えたい、VDIのメリットと課題

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]