logo

タブレット「Eee Pad」ラインアップ拡充--32Gと16Gを追加

エースラッシュ2012年02月08日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computerは2月7日、タブレット端末「Eee Pad」シリーズの日本向けラインアップに「Eee Pad TF201」の32Gバイトモデルと「Eee Pad TF101」の16Gバイトモデルを追加、2月11日から順次発売すると発表した。

写真1 アメジストグレーのTF201-PR32D

 Eee Pad TF201は、8.3mmの薄型ボディにモバイルキーボードドックが付属するタブレット。1月21日発売の64Gバイトモデルに続き、今回新たに32Gバイトモデルの「TF201-PR32D(アメジストグレー)」と「TF201-GD32D(シャンパンゴールド)」が追加された。

 ストレージ容量以外のスペックは大きな変更がなく、CPUに「NVIDIA Tegra 3」、1Gバイトメモリ、1280×800ドット表示の10.1型ワイドタッチパネル液晶、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、カメラ(アウト:800万画素、イン:120万画素)、Android 3.2.1などを搭載している。

 本体サイズと重量は、タブレットが高さ8.3mm×幅263mm×奥行き180.8mmで約586g、モバイルキーボードドック接続時が高さ19.4mm×幅263mm×奥行き180.8mmで約1.1kg。バッテリ駆動時間はタブレット単体で約12時間、モバイルキーボードドック接続時で約18時間となっている。希望小売価格は5万9800円で、発売予定日はTF201-PR32Dが2月11日、TF201-GD32Dが2月18日だ。

写真2 TF101-16D

 Eee Pad TF101の16Gバイトモデルとして「TF101-16D」も発売される。CPUに「NVIDIA Tegra 2」、1Gバイトメモリ、1280×800ドット表示の10.1型ワイドタッチパネル液晶、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、カメラ(アウト:500万画素、イン:120万画素)、Android 3.1などを搭載している。

 本体サイズと重量は、タブレットが高さ12.98mm×幅271mm×奥行き177mmで約680g、モバイルキーボードドック接続時が高さ28mm×幅271mm×奥行き185mmで約1.3kg。バッテリ駆動時間はタブレット単体で約9.5時間、モバイルキーボードドック接続時で約16時間となっている。色はブラウンのみ。希望小売価格は4万4800円で、発売予定日は2月11日だ。

-PR-企画特集