logo

ニコン、デジカメ「COOLPIXシリーズ」8機種--GPS搭載、光学18倍ズームモデルなど

坂本純子 (編集部)2012年02月07日 20時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンとニコンイメージングジャパンは2月7日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIXシリーズ」8機種を発表した。

GPS機能を搭載した薄型光学18倍ズームなど4機種--「COOLPIX Sシリーズ」

  • コンパクトデジタルカメラ「COOLPIXシリーズ」ラインアップ

 COOLPIX S9300(市場想定価格:4万円前後)は、薄型ボディーに光学18倍ズームNIKKORレンズを搭載した「COOLPIX S9100」の後継機モデルだ。裏面照射型CMOSセンサと、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能により、暗い撮影シーンでもきれいな写真撮影が可能。動画機能では、新たに複数の撮影シーンを1つのファイルとして保存・再生できる機能を採用している。さらに、GPSや電子コンパス、POI(ランドマーク)表示機能、ログ機能などを搭載しており、撮影時の位置情報や移動ルートなどを記録することが可能だ。発売は3月を予定している。

 COOLPIX S6300(同:2万8000円前後)は光学10倍ズームNIKKORレンズを搭載しながらも、クラス最小レベルのコンパクトボディーを実現。有効画素数は16.0メガピクセルで、優れたブレ補正精度を発揮するレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載。高画質なフルHD動画撮影にも対応しており、静止画と動画の両機能のバランスを備えているのが特長だ。発売は2月16日を予定している。

 COOLPIX S3300(同:1万7000円前後)とCOOLPIX S4300(同:2万円前後)は、スリムスタイリッシュモデルの後継機としてズーム機能の向上に加え、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)を搭載しながらもスリム化を実現。COOLPIX S3300はストロベリーピンク、ラベンダーパープルなど5色のカラーバリエーションがそろう。COOLPIX S4300はグロッシーレッド、シェルホワイトの2色展開で、タッチパネルを採用し多彩な機能を搭載している。発売はいずれも2月23日。

手ブレ補正機能を搭載したF値1.8モデルなど2機種--「COOLPIX Pシリーズ」

 COOLPIX Pシリーズは、「COOLPIX P310」と「COOLPIX P510」の2機種がラインアップする。

 COOLPIX P310(同:4万円前後)は2011年に登場した小型ワイドズームモデル「COOLPIX P300」の後継機で、P300と同様に開放F値1.8の明るいレンズを備える。さらに有効画素数16.1メガピクセルの裏面照射型CMOSセンサと約4段相当のレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載することにより、さらに進化している。発売は、ブラックが3月、ホワイトは4月を予定している。

 COOLPIX P510(同:5万3000円前後)は、前機種の「COOLPIX P500」で好評を得た「COOLPIX」史上最高倍率をさらに更新した光学42倍の小型超高倍率ズームモデル。広角24mmから望遠1000mm相当の幅広い撮影画角に対応し、約4段相当のレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能と、GPS機能を搭載している。発売は、3月を予定している。

光学26倍ズーム搭載モデルなど2機種--「COOLPIX Lシリーズ」

 COOLPIX Lシリーズは、「COOLPIX L810」と「COOLPIX L26」の2機種がラインアップ。

 COOLPIX L810(同:3万3000円前後)は、有効画素数16.1メガピクセルのCCDセンサ、広角22.5mm相当から超望遠585mm相当(35mm判換算)の撮影画角をカバーする光学26倍ズームのNIKKORレンズとレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載しながら、高さ76.3mm×幅111.1mm×奥行き83.1mmのコンパクトなボディーを特長とする。発売は3月を予定している。

 COOLPIX L26(同:1万3000円前後)は、有効画素数16.1メガピクセルのCCDセンサや、光学5倍ズームのNIKKORレンズと大きくて見やすい3型TFT液晶モニターを搭載している。いずれも両モデルとも「らくらくオート撮影」機能により、簡単に高画質の写真が撮影でき、また「動画撮影ボタン」を独立させてワンタッチでの動画撮影が可能。また、単3形電池に対応しているため、安心して撮影ができるとしている。発売は2月16日。

 なお、COOLPIXシリーズほか、ニコンFXフォーマットに対応したデジタル一眼レフカメラ「D800」シリーズも同時に発表された。いずれの機種も「CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2012」で実機を展示し、一般公開される。

-PR-企画特集