logo

TSUTAYA、利用者のBlu-ray再生機所有率が55.9%に

加納恵 (編集部)2012年02月03日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは2月3日、TSUTAYAの店舗利用者を対象にした調査で、Blu-ray Disc再生機の所有割合が55.9%と半数を上回ったと発表した。Blu-ray Disc録再機の所有率も42.4%に上るという。

  • TSUTAYAでは、2008年7月からBlu-rayソフトのレンタルを開始している

 これは同社が11月に実施した郵送調査にてわかったもの。有効回答数は1509人で、毎年実施している。

 Blu-ray Disc再生機の所有率は、2009年調査時点で19%、2010年で33.7%だったが、2011年7月の地上波放送のデジタル化や洋画作品を中心としたBlu-ray Discソフトのラインアップ充実などにより、大幅に伸長したとしている。

 TSUTAYAでは、2008年7月に店舗におけるBlu-rayソフトのレンタルを開始。不要なDVDを持ち込むとBlu-rayソフトが割り引きになる「ブルーレイ買い替えキャンペーン」や、Blu-rayソフト購入者に洋画のカタログ誌「シネマハンドブック ブルーレイ版」を配布するなど、Blu-rayソフトのレンタル、販売を推進してきた。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集