logo

新サービス「はてなOne」招待制で開始--つぶやきなどを友人と共有

岩本有平 (編集部)2012年02月01日 19時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 はてなは2月1日、「はてなOne」を公開した。無料で利用できるが、はてなのアカウントと、既存ユーザーからの招待が必要となる。

 はてなOneは、はてなOne上の友人と「ブログを書いた」「記事をブックマークした」といった新着情報を共有したり、今の気持ちをつぶやいたり(テキスト投稿)して、コミュニケーションをとるサービス。

  • 「はてなOne」のメイン画面。中央のタイムラインに各種の更新情報やつぶやきが表示される

  • 招待を受けた人が登録を進めるとまず氏名の登録を求められる。Facebookと連携させてその氏名を登録することもできる

  • ともだち向けのプロフィール登録もうながされる。はてなOneでは氏名を登録しない場合、IDが表示される

 画面中央のタイムラインでは、はてなブログやはてなダイアリー、はてなブックマーク、人力検索はてな、はてなココなど、はてなの各サービスを利用した際の情報や、つぶやきを投稿できる。公開範囲を制限しているエントリーについては、対象のユーザーだけが閲覧できる。

 各種の投稿にはコメント欄が用意されており、エントリーを投稿ユーザーおよび友人だけで共有可能。コメントがつくと、はてな各サービスのページ上部に表示されている「あなたへのお知らせ」で通知される。

 はてなOne上の友人には、はてなココなどはてなの既存サービスの友人関係がそのまま引き継がれるが、友人もはてなOneを使用している必要がある。メールアドレスやはてなIDを指定して友人を招待できるほか、はてなココやFacebook、mixiの友人に対しての一斉招待も可能。

 はてなでは、はてなOneで「『オープンなインターネット』と『プライベートなインターネット』の両方が楽しめる場所を実現したい」と説明する。友人のみに氏名やプロフィールなどを公開できる機能を備えることで、はてなの各種サービスを友人とともに、かつ、オープンでもプライベートでも利用できるようにしたのだという。

 今後はてなの各種サービスで、ともだち限定でのコミュニケーション機能を追加する予定。はてなOne「はてなを使ってともだちと楽しむためのプラットフォーム」として発展させていくとしている。

-PR-企画特集