logo

Hulu、東映など映画大手6社と契約--国内コンテンツ充実へ

藤井涼 (編集部)2012年02月01日 17時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 各社の主な配信予定作品

 月額1480円の有料動画サービス「Hulu」を運営するフールージャパンは2月1日、日本国内の映画配給会社である、アスミック・エース エンタテインメント、角川書店、松竹、東映、日活、AMGエンタテインメントの6社とコンテンツ提携したことを発表した。

 6社との提携の第1弾として、「さくらん」「セーラー服と機関銃」「バトル・ロワイヤル」「嵐を呼ぶ男」「ゲゲゲの女房」などの作品が同日より視聴できるようになる。またその他の作品も随時追加するとしている。

 2011年9月のサービス開始当初は、主に人気ハリウッド映画や海外ドラマを配信していたHuluだが、12月にはBBBとマイシアターD.D.との契約により、日本映画の配信を開始。今回新たに6社と契約したことで、日本映画の供給を受けるパートナーは8社となった。

-PR-企画特集