logo

JVC、スタンド一体型でインテリアにマッチするサウンドシステム

加納恵 (編集部)2012年01月31日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは1月31日、スタンド一体型のホームシアターサウンドシステム「NX-BX3」を発表した。iPod/iPhone用のダイレクトドックを搭載する。発売は2月上旬。店頭想定価格は4万円前後になる。

 NX-BX3は、60Wのアンプと2つのスピーカ、FMチューナ、iPod/iPhoneドックを、スタンドに一体化したシステム。強化ガラスを使用した天面には、PCや薄型テレビなどを設置することができる。

  • 「NX-BX3」

 スタンドは高さ40cmで、床生活でも使いやすいサイズにしたとのこと。木製キャビネットを使用したスピーカ部は、フロントサラウンド技術「SRS StudioSound HD」により、セリフやボーカルの再現性を高めたほか、音量の急激な変化を抑え、聞き取りやすい安定したサウンドを再生する「SRS TruVolume」を備える。

 サブウーファ出力端子を備え、低音を増強することも可能。消音状態が29分続くと、自動的に電源が切れる「オートパワーセーブ」も搭載する。

 サイズは高さ400mm×幅500mm×奥行き300mmで、重量は約11.8kg。スタンドを取り外して使用することもできる。インテリアに合わせやすいブラックとホワイトの2色を用意。転倒防止バンドが同梱されている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集