logo

iPhoneで撮った写真の撮影場所を地図に重ねて表示できる「Koredoko」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Koredoko」は、iPhoneで撮った写真の撮影場所を地図に重ねて表示してくれるアプリだ。カメラロール内の写真を読み込ませることにより、撮影場所をすばやく確認できるほか、撮影場所のデータを消去したり別の場所に書き換えたりすることも可能だ。

  • iPhoneで撮影した写真。どこで撮影したのかこの写真を見ただけでは分からない

 iPhoneで「位置情報サービス」をオンにしていると、写真を撮影した際にGPSデータがExifに書き込まれる。この情報があれば撮影場所の特定が容易なわけだが、標準の写真アプリではこれを確認する術はない。そのせいで、うっかりGPSデータが書きこまれた状態のままネットにアップしてしまうと自宅などの場所がバレてしまうといった事態に陥る。

 今回紹介する「Koredoko」があれば、カメラロールから写真を読み込むだけで撮影場所の特定が行える。例えばビジネスシーンであれば、外回りの際に撮影した施設や販売店などの場所を控え忘れてしまってもあとから容易に確認できる。撮影場所はマップ上に重ねて表示されるので大変わかりやすく、拡大縮小はもちろんのこと、航空写真とマップを切り替えて表示することも可能だ。

 またGPSデータを削除する機能も備えているので、対外的に写真を公開する前に本アプリを使ってチェックし、必要に応じて削除するようにすれば、写真からの情報流出が未然に防げる。さらに地図上に吹き出しをドラッグすることで、撮影済みの写真に架空のGPSデータを追加することも容易だ。GPSをオンにして撮影すべきだったのにうっかり忘れてしまった場合でもあとから修正ができるというわけだ。

 このほか、バックグラウンドで音楽を再生しながらスライドショー再生を行うといった、インタラクティブな機能も備えている。プライベート利用であれば、旅先で聴いていた曲をループ再生しながら、現地で撮影した写真を順番にスライドショー再生するといった楽しみ方も可能だ。シンプルながらも使い始めるとなにかと手放せなくなるアプリのひとつだ。

  • 「Koredoko」を起動し、カメラロール内の写真をリスト表示したところ。iPhoneの設定にある「位置情報サービス」がONの状態で撮影していれば緯度(N)と経度(E)が表示されるので、タップして開く。ちなみにここで「N/A」となっている写真はGPSデータが保存されていない

  • 航空写真に重ねて、写真を撮影した場所が表示された。写真によっては緯度と経度のほか、具体的な住所が表示される場合も

  • 航空写真をマップに切り替えることも可能。もちろん拡大縮小も可能

  • 拡張機能をオンにしておくと、GPSデータを含むExif情報全般が表示できる

  • 撮影場所の緯度と経度を本文に記したメールを送信したり、GPSデータを削除したりすることも可能

  • 吹き出しをドラッグして移動させることでGPSデータを書き換えたり、撮影場所情報のない写真にGPSデータを追記したりできる

>>Koredokoのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集