logo

英国でオーロラを観測--2005年以来最大の太陽嵐により観測範囲が拡大

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年01月24日 19時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1月23日、2005年以来最大の太陽嵐が発生したことで、普段であればオーロラを見ることのない人々に、驚異的な美しい光景を目撃できる機会をもたらしている。

 この太陽嵐は、北極と南極の至る所で色鮮やかなオーロラを発生させており、英国のように普段であればオーロラを見ることのできない国にまで広がっている。米海洋大気庁(NOAA)は近くでオーロラを観測できる可能性を示す地図をウェブサイト上で公開している。

 Helge Mortensenさんが撮影した動画では、ノルウェーのTromvikで見たオーロラが映っている。

 米航空宇宙局(NASA)のソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーによる動画では、太陽フレアが長時間続き、地球に向かってコロナ質量放出が起きている様子が映っている。

 同じくNASAのソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーによる動画では今週、過熱状態のプラズマが印象的なループ構造を作り出した様子が映っている。Universe Todayによると、これらのループのうち、たった1つで地球数個分の大きさに相当するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集