logo

エイサー、独自のクラウドサービス「AcerCloud」を発表

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子2012年01月10日 12時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--ウルトラブック製品を売り込む上で、クラウドを活用することが他社に差をつけるカギだとAcerは考えている。

 当地で開催される2012 International CESに先駆けた発表の場で、Acerの会長であるJ.T. Wang氏は「AcerCloud」のアピールに余念がなかった。AcerCloudは、同社顧客が「Windows」パソコンと「Android」搭載端末の間でファイルを同期できるようにするサービスだ。

 「当社はこれを広く支持される持続可能なサービスにしたい」とWang氏は述べている。

 Acerは2011年7月、クラウドサービスプロバイダーのiGwareを3億2000万ドルで買収し、その技術をもとにAcerCloudを開発した。

 ウルトラブックではクラウドサービスが大きな役割を果たすと見るWang氏によると、AcerCloudはAcerの「Always Connect」技術なくしては実現しなかったという。AcerCloudではさしあたり、「PicStream」「clear.fi Media」「AcerCloud Docs」という3つのアプリケーションを提供する予定だ。

 Acer独自のファイル共有サービスが、特定ベンダーに縛られない「Dropbox」などの競合サービスとどう渡り合っていくのかは未知数だ。一方で、AppleやAmazon.comなど他の技術大手はすでにクラウドサービスに巨額の投資を行っている。

特集 : 年頭恒例!世界最大の家電ショー 2012 International CES

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集