logo

[ウェブサービスレビュー]筆圧感知にも対応した画像編集サービス「Sumo Paint」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Snap Group
内容:「Sumo Paint」は、Photoshopライクなインターフェースを持つオンライン画像編集サービスだ。ローカルもしくはウェブ上から読み込んだ画像をブラウザ上で編集し、保存できるほか、筆圧感知にも対応しており、タブレットと組み合わせたイラスト作成においても威力を発揮する。

 「Sumo Paint」は、筆圧感知にも対応したオンライン画像編集サービスだ。Photoshopライクなインターフェースを持ち、ローカルもしくはウェブ上から読み込んだ画像をブラウザ上で編集し、保存することができる。

  • 「Sumo Paint」トップページ。サービス名の「Sumo」はイメージキャラクターである力士を意味するようだ

 オンラインで動作するFlashベースの画像編集サービスといえば、以前紹介した「Pixlr Editor」など本格的なサービスが多数存在している。Sumo Paintもこれらと同様、Photoshopと見まごうばかりの多彩なツールを備え、写真の加工・修正をオンラインで自在に行うことができる。使用感もPhotoshopに近く、Photoshopのオンライン版と言われても信じてしまうレベルだ。

 このサービスの最大の特徴といえば、筆圧感知に対応していることに尽きるだろう。画像編集系のウェブサービスの多くは筆圧感知に対応しておらず、それがゆえにイラスト作成にはなかなか使われないという事情がある。同サービスはその筆圧感知に(多少のクセはあるものの)対応しているため、タブレットとの組み合わせで威力を発揮する。名前の通りペイント系のツールであるわけだが、その名に恥じない機能を備えていると言っていいだろう。

  • 起動直後の画面。中央左上のメニューから、新規作成画面を開いたり既存の画像ファイルを開くことができる

  • 既存ファイルを開いたところ。PhotoshopやPixlr Editorと同様、左右にパレットやツールを備えた馴染みのあるインターフェースを採用する

  • ツールを選択すると画面上部にそのツールのオプションが表示される。マウスオーバーするとツールチップも表示される

  • メニューは多言語対応だが、残念ながら日本語のほか、中韓などアジア圏の言語にも対応していない

  • File(ファイル)メニュー。NewやOpneなど、画像編集サービスとしては一般的なメニューが並ぶ

  • Edit(編集)メニュー。ややシンプルな選択肢だが、これは選択メニューが独立して存在しているため

 その反面、インターフェースが日本語化されていないのは、直感的な利用という点においてどうしても他のサービスに見劣りしてしまう。ツールやブラシなど、アイコンで見分けがつくものはまだしも、細かい設定項目はやはり最低限の英語が分からないとつらい。現状では「筆圧感知が必要ならSumo Paint、そうでなければインターフェースが日本語化されているPixlr Editor」という評価になるだろう。

 キーボードショートカットや右クリックメニューに対応するなど操作性も高く、全体的な完成度はかなり高いレベルにある。またPro版ではさらに多くのフィルタも使えるようになるなど、拡張性も高い。前述のとおり日本語化されれば一押しできることは間違いないだけに、今後のローカライズに期待したいところだ。

  • Image(画像)メニュー。サイズの変更や回転、切り抜きといったメニューが並ぶ

  • Select(選択)メニュー。範囲選択の操作のみがメニューとして独立しており、レタッチなどにおいて使いやすくなっている

  • Layer(レイヤー)メニュー。レイヤーを使った編集作業が行える。効果についてもこのメニューから設定できるのが特徴

  • Adjustment(調整)メニュー。おもに写真編集を前提とした色関連の調整メニューが並ぶ

  • Filter(フィルタ)メニュー。種類は「Pixlr Editor」などと比べても充実している

  • View(ビュー)メニュー。サイズの拡大縮小など一般的な機能が並ぶ

  • ブラシツールが充実しているのも特徴の1つ。実用性が高くないものも含まれるが、ベーシックと称されるブラシだけで約170個と数は圧倒的

  • 日本語も入力可能だが、テキストレイヤーは用意されず、再編集にも対応しないようだ

  • 保存形式は、JPG、PNGに加え、レイヤー構造を保持できる独自のSUMO形式の3種類

-PR-企画特集