logo

「おめでとう」通話・メールの注意と規制--ケータイ各社

別井貴志 (編集部)2011年12月31日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年、大晦日から元日にかけて全国で「おめでとうコール、メール」が集中して通話やメールがつながりにくくなる。このため、通信事業者各社は携帯電話やスマートフォンの利用について注意や協力のお願いを掲示している。

 各社のこの取り組みなどを以下にまとめた。

NTTドコモ

 年明けは「おめでとうコール・メール」が集中し、通話やメールなどがつながりにくくなることが予想されるので、ドコモでは一時的に顧客の利用を制限する場合がある。つながりにくくなった場合は、しばらくたってから利用してほしい。

 また、当日のiモードメール、spモードメールの送信状況を宛先(ドメイン)ごとに確認できるので、「メールを送信しても相手に届かない」という場合は、現在のメール送信状況を「iモード/spモードメール送信状況へ」から確認してほしい。

【利用が集中する時間帯】
1月1日午前0時前後から約30分程度(メールについては、約2時間にわたり配信遅延が発生する可能性がある)

au(KDDI)

 大晦日から元旦の午前0時前後から約30分間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイがつながりにくくなると予想される。また、メールについては約2時間にわたり、配信遅延が発生する可能性がある。できるだけ多くの「おめでとう」を届けていくが、やむをえず顧客のケータイの利用を一時的に制限させていただく場合がある。

【日時】
2012年1月1日午前0時前後から約30分程度(メールについては、約2時間にわたり配信遅延が発生する可能性がある)

ソフトバンクモバイル

 大みそかから元日の午前0時前後から約2時間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、携帯電話がつながりにくくなると予想される。「おめでとうコール・メール」は、なるべく控えてほしい。ソフトバンクモバイルとしては、できるだけ多くの「おめでとう」を届けていくが、やむをえず顧客の携帯電話の利用を、一時的に制限する場合がある。

イー・モバイル

(社団法人電気通信事業者協会:TCAをはじめ通信事業者連名でのアナウンス)

 大晦日から元日の午前0時前後から約30分間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイがつながりにくくなることが予想される。また、メールについては約2時間にわたり、配信遅延が発生する可能性がある。携帯電話・PHS事業者としては、できるだけ多くの「おめでとう」のメッセージを届けていくが、やむをえずお客様のケータイのご利用を一時的に制限させていただく場合がある。大晦日から元日の約2時間は、「おめでとうコール・メール」をなるべく控えてほしい。

 なお、年末年始のケータイ利用に関するお願いは各社のホームページなどで案内しているほか、電気通信事業者協会(TCA)のホームページ内にも掲載している。

ウィルコム

 例年、年末から年始にかけては、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」などが集中し、地域・時間帯により「電話がつながりにくくなる」、「メールに遅延が生じる」、「ブラウジングが遅くなる」といったことが予想される。できるだけ多くの顧客に快適に利用してもらうため、大晦日から元旦にかけて特別体制を組み安定したサービスの提供に努めるが、状況によっては一時的に顧客の利用を制限させていただく場合があるつながりにくくなった場合は、しばらく時間をおいてから利用してほしい。

【利用が集中すると予想される時間帯】
・電話(通話)サービス:2011年12月31日 23:30頃 ~ 2012年1月1日 1:00頃
・Eメールサービス:2011年12月31日 23:30頃 ~ 2012年1月1日 2:00頃
・データ通信サービス:2011年12月31日 23:30頃 ~ 2012年1月1日 2:00頃

-PR-企画特集