Evernote、画像編集ツール「Skitch」のiPad版をリリース

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一2011年12月26日 12時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月にOS X向け画像編集アプリケーション「Skitch」を買収したEvernoteが、「iPad」向けグラフィックスアプリケーションを同名でリリースした。これはそれ自体が楽しく実用的なグラフィックス製品で、「Evernote」愛好者にとっても素晴らしいアクセサリだ。

 SkitchのAndroid版はすでにリリースされている。

 SkitchのiOS版はデザインが非常に素晴らしく、単純なユーザーインターフェースから想像する以上に多くのことが可能だ。画像修正ツールの機能は基本なものに限られるが(画像を切り取ることができる、といった程度)、大半のユーザーにとって必要なマークアップツールがある。これを使うと、線、矢印、四角、楕円を描き、文字を追加できる。写真やスクリーンショットなどの画像を用意して誰かに送信する前にマークアップしようとすると、こうしたツールが必要になる。

 マークアップツールの機能やオプションはそれほど盛りだくさんではない。例えば矢印は1種類のみで、選べる色は8種類に限られる。これは図形を使ってコメントするためのツールで、何もないところからアートやデザインを制作するものではない。

 Skitchで扱う画像は、iPadのカメラ、カメラロール、Safari、地図から取り込める。あるいは新規画面から始めることもできる。マークアップした画像をEvernoteのノートブックや写真ライブラリに保存したり、電子メールやTwitterを通じて送信したりするのは簡単な操作でできる。

 Evernoteの最高経営責任者(CEO)であるPhil Libin氏は、生産性ソフトウェアを根本から作り直すために、Evernoteを同社戦略の中心的アプリケーションと捉えていると語っていた。Skitchも重要な要素だ、とも述べている。SkitchのiOS版リリースでLibin氏の狙いがよく分かった。少し使ってみただけでも、SkitchはiPadユーザーにとって必須のアプリだと言える。しかも無料だ。

Skitchでは、画像のマークアップが簡単にできる
Skitchでは、画像のマークアップが簡単にできる
提供:Screenshot by Rafe Needleman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加