logo

Facebook、ユーザーが興味を持ちそうなイベントを提示する機能を公開

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月26日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間12月22日午後、「Suggested Events」と呼ばれる新機能を一部ユーザーに公開した。この機能は、ユーザーが明示的に招待されていない場合でも、そのユーザーが参加したいと思うかもしれないイベントのリストを提示する。

  TechCrunchによると、新しいメニュー内に表示されるイベントリストは、チェックインや「Like(いいね!)」ボタンをクリックしたページなど、過去の履歴に基づいて表示されるという。Facebookの友達が参加予定のイベントも含まれる。これらはすべて、友達のイベントメニューに取って代わる。友達のイベントメニューには、自分と友達のユーザーが投稿したイベントリストが表示されていた。

 この新機能は、Facebookが提供する自動化された機能として、写真をスキャンして誰が写っているのかを推測する「Suggested Tags」に加わることになる。Suggested Tagsは顔認識テクノロジを活用するが、Suggested EventsはFacebook独自のアルゴリズムを使って適切な情報を抽出し、イベントリストに一定の機能を追加しているようだ。

 現在のところ、Suggested Eventsは限定的に公開されている。

Facebookの新しいSuggested Events機能
Facebookの新しいSuggested Events機能
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集