モジラ、「Firefox 9」をリリース--型推論でJavaScriptのパフォーマンスを向上

Seth Rosenblatt (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年12月21日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは米国時間12月20日、デスクトップ版と「Android」版の「Firefox 9」をリリースした。

 デスクトップ版のFirefoxでは、Mozillaが開発に1年以上をかけた「Type Inference(型推論)」が登場し、JavaScriptのパフォーマンスが改善された。

 型推論はFirefoxのJavaScriptエンジンSpiderMonkeyの機能で、プログラム実行時に値の型を監視し、またプログラムコードを分析することで、型情報を作成する。そして、この型情報を実行時コンパイルで使用することで、より効率的なコードを生成する。Mozillaによれば、同社の「Kraken」テストGoogleの「V8」などのベンチマークで、実行速度が30%速くなったという。

 「Mac」版では、「Mac OS X Lion」で2本指スワイプジェスチャーがサポートされる。これにより、サイト間の移動が容易になる。

 Android版のFirefoxは、インターフェースが大幅に変更された。「Back」ボタンがロケーションバーに移り、ロケーションバーはスクリーンの右端まで伸びて、「Refresh」ボタンと「Bookmark」ボタンが押しやすくなった。縦向きに利用するときはタブが非表示のメニューに収納され、表示したときには以前より大きく表示される。パフォーマンスも向上し、Mozillaによればアプリのロードが高速になるはずだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加