logo

iPad/iPhoneでテレビを見る無線チューナ--ソフトバンクBBから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBBは12月20日、iPad/iPhoneで地上/BS/CS放送が見られる「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」を発表した。価格は1万5800円で22日から同社のウェブサイトでオンライン販売を開始する。

  • SoftBank SELECTION デジタルTVチューナーを使ってiPadにテレビ放送を映し出した

 SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー(チューナ)はピクセラ製だ。据え置き型で本体にテレビアンテナを接続し、iPad/iPhoneに専用アプリをインストールしておく。チューナとiPad/iPhoneの間は無線LANで接続する。利用にあたってPCを用意する必要はない。

 チューナにはH.264に変換できるリアルタイムトランスコーダを内蔵し、家の中など無線LANの届く範囲であればワイヤレスでテレビを見ることができる。テレビの操作は画面タッチで行い、横方向にスワイプするとチャンネル切り替えができ、縦方向にスワイプすると放送波の切り替えができる。

 また、特長として「ながら見モード」を搭載。視聴しながらiPad/iPhoneなどを縦型にすると下半分がウェブブラウザとなる。インターネット上の情報にアクセスしながらテレビを視聴したりブラウザからTwitterなどにアクセスしたりして、コミュニケーションしながらテレビを見るということもできる。

  • 横全画面表示

  • ながら見モードでは下半分がウェブブラウザになる

  • テレビ画面をスワイプするとチャンネル切り替えができる

  • ながら見モード

 視聴に使うアプリは「デジタルTV(StationTV i)」として12月21日からApp Storeにて無料公開する。

 チューナのサイズは150mm×150mm×35mmで、重さは約300g。電源はACアダプタを用いる。アンテナ端子は地上波とBS/CSで別々のF型コネクタが装備される。デジタル放送の受信に使うB-CASカードはコンパクトなミニカードを採用。本体は無線LANのアクセスポイントを兼ねており、100BASE-TX/10BASE-Tに対応するLANインターフェースも装備する。

 対応する無線LAN規格はIEEE 802.11a/b/g/nで、チューナとiPadとの通信では5GHz帯も利用可能となるため、混信のない映像伝送が可能としている。なお、対応する機器はiPad2/iPad/iPhone 4S/iPhone 4/iPod Touch(第4世代)で、いずれもiOSが4.3.5以上。なお、チューナの機能として字幕放送には対応するが、番組表やデータ放送、録画には未対応。

  • SoftBank SELECTION商品統括部統括部長の林浩司氏

 発表会では、同社のSoftBank SELECTION商品統括部統括部長の林浩司氏がSoftBank SELECTIONの特長として「非常に厳しい品質基準」を挙げ、今後のラインアップは「映像、音楽を強化する」と説明した。

 また、チューナの説明を行ったアプライアンス商品企画部商品企画1課課長の石川純二氏は、先週のTwitterで発生した「バルス」の大量ツイートの事例に触れ、「テレビを見ながらインターネットをすることが多い」とし、単にワイヤレスでテレビが視聴できるだけでなくながら見のニーズを満たす商品であることを強調した。

  • ながら見モードの切り替えをONにすれば縦にするだけで切り替わる

  • 字幕設定が可能。音声なしでも放送が楽しめる

  • チューナの電波状況なども確認できる

  • チューナ本体は150mm角のスクエアな形状

  • 背面にはテレビアンテナ端子やLAN端子がある

  • チューナの特長

-PR-企画特集