logo

PS Vitaがついに本日発売--カウントダウンイベントに平井一夫氏とアンドリュー・ハウス氏が登場

佐藤和也 (編集部)2011年12月17日 10時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日12月17日、ソニー・コンピュータエンタテインメントから新型携帯ゲーム機「PlayStation Vita」が発売された。SHIBUYA TSUTAYAでは発売を記念したカウントダウンイベントが行われた。

東京都内は気温3度と冷え込んでいたが、午前7時からの販売を前にSHIBUYA TSUTAYAでは購入希望者の列ができていた。また店内で行われるカウントダウンイベントも多くのユーザーが見守っていた。
アンドリュー・ハウス氏 アンドリュー・ハウス氏

 イベントでは、まずソニー・コンピュータエンタテインメントの代表取締役社長兼グループCEOであるアンドリュー・ハウス氏が登壇。「1月に発表させていただいたPS Vitaがいよいよ発売です。この日を迎えることができて興奮しています」と述べたのち、「今日ここに集まっているみなさんは、究極のポータブルエンタテイメントシステムとして徹底的にこだわった結果が形になった完成品を、世界で最初に手にする幸運な方々です。PS Vitaで広がる新しいエンタテイメントの世界を実感してください」と挨拶した。

平井一夫氏 平井一夫氏

 続いてソニーの代表執行役副社長兼ソニー・コンピュータエンタテインメントの代表取締役会長の平井一夫氏が登壇。挨拶として「PS Vitaは究極のポータブルエンタテイメントシステムはどうあるべきかを議論して設計・開発した商品です。これからもさまざまな遊び方を提案していきたいと思っていますので、みなさんとともにPS Vitaを育てていきたいと思います」と語った。

 カウントダウンが始まる前までも平井氏は「アドレナリンが流れ始めたかな」と興奮を隠しきれない様子。そして設計において、ミリ単位でボタンの位置などを何回も調整し続けたというエピソードも語っていた。ハウス氏は個人的な話を前置きをして、プレイステーションプラットフォームの新ハード発売を日本で迎えることは初めてのことだ語った。「全く新しいプラットフォームのポータブルエンタテイメントの世界を日本で最初から経験することが大事だと思ってました」と述べ、ハウス氏も興奮のせいか昨晩はほとんど眠れなかったという。

平井氏とハウス氏はで、会場のみなさんに向けた感謝の意を表すメッセージ何度も送っていた。

 カウントダウンは5分前から行われ、PS Vitaの発表会の模様や当時上映されたイメージ映像などを振り返りながらスタート。ハウス氏は「イメージとしては日常生活と遊んでいる世界が一緒になっているということを伝えたかった」と、映像のコンセプトを語っていた。また同時発売のソフトは24タイトルという、プレイステーションフォーマットの歴史でも最大数のラインナップになっていることに触れ、平井氏は「早い段階から各社様にお話をさせていただいて、徹底してソフトが揃うようにゲーム業界が一丸となって頑張ってきました」と語った。

コードネーム「NGP」として発表されたときから、発売日を公表した発表会などの映像を上映。これまでの出来事を振り返っていた。

 そして午前7時を迎えて、ハウス氏より先頭に並んでいた1人目のユーザーへPS Vitaが手渡された。そしてPS Vitaの販売が開始。イベントを見ていたユーザーが次々にPS Vita本体はソフトなどを買い求めた。

多くな拍手で午前7時の瞬間を迎え、ふたりは終始にこやかな表情を浮かべていた。
先頭に並んでいた男性は「眠いのと、寒いのと、緊張したのと、嬉しいのとで、頭が真っ白です」とコメント。そして店内でも販売が開始された。

-PR-企画特集