logo

KDDIウェブ、サイトに電話認証機能を搭載するAPIサービス「boundio」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIウェブコミュニケーションズは12月1日、クラウドAPI「boundio(バウンディオ)」のベータ版の提供を開始した。

 boundioは、ウェブサイトなどに組み込むことで、ネット上から指定した電話番号に電話をかけられるクラウドAPIサービス。ウェブサイト上から携帯電話や固定電話などに発信して、あらかじめアップロードした音声や音楽を再生できる。

 これまでネット上から電話網へ接続するには、ユーザー自身でPBXやIP-PBXを用意して設定。その上で通信キャリアと契約を結ぶ必要があり、システム構築には高額な費用が必要だった。

 提供を開始したベータ版サービスでは、申し込んだ全てのユーザーに対して、1契約につき500ポイントを無料で付与する。固定電話あての発信を1発信あたり15ポイント、携帯電話あての発信を1発信あたり25ポイントとして、500ポイントすべてを消化するまで、何度でも利用できる。

 電話認証機能は、ウェブサイト作成サービス「Jimdo」で同社がパートナーとして参画した「みんなのビジネスオンライン」の登録プロセスにも導入されている。ECサイトでのクレジットカード決済を完了させるための認証番号を自動音声で伝える電話サービスや、PCや携帯電話から事前に申し込みをするとお気に入りのタレントからの誕生日のお祝いメッセージが自分の携帯電話にかかってくるサービスなど、さまざまな用途に利用されているという。

 KDDIウェブは今後、ベータ版の機能を検証、改善して、来春に正式版を提供するとしている。

-PR-企画特集