logo

「Kindle Fire」、製造原価が小売価格をわずかに上回る--米調査会社

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年11月21日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社IHS iSuppliによると、Amazon.comの「Kindle Fire」の製造原価は1台あたり201.70ドルで、小売価格の199ドルよりわずかに高いものの、iSuppliが当初見積もっていたおよそ210ドルより低くなる結果となったという。

 Amazonは低価格でタブレットを販売し、そのタブレットでの商品やサービスの販売を通じて損失を補うという戦略を取っている。

 iSuppliによれば、Amazonが使用している無線LANモジュールは、あまり知られていないサプライヤーであるJorjin Technologiesのもので、よく知られているベンダーのものを使った場合に比べて価格が約1ドル低いという。また、AmazonはDRAMについて、当初iSuppliが予想していた容量の半分である4Gバイトとしており、これによってもコストが数ドル低くなったという。

 Kindle FireにはTexas Instruments(TI)の部品が主に提供されており、アプリケーションプロセッサ、電源管理モジュール、オーディオコーデックが使用されている。

 iSuppliによれば、Kindle Fireで最も高価な部品はディスプレイとタッチスクリーンで、そのコストは87ドルとなり、材料コストのおよそ半分を占める。このディスプレイはLG DisplayとE Inkが供給している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集