logo

フェンリル、「Sleipnir 3 for Windows」を正式リリース--リッチな操作感を実現

岩本有平 (編集部)2011年11月16日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは11月16日、ウェブブラウザ「Sleipnir 3 for Windows」の正式版を公開した。マウス操作でタブをなめらかに切り替えられる新機能「TouchPaging」を搭載し、これまでのWindows向けブラウザにない“リッチな操作感”をアピールする。

 ブラウザ上で右クリックを押しながらマウスカーソルを左右させることで、なめらかなタブ切り替えを実現。上下操作でも、スムーズなページスクロールが可能となった。また、右クリックを押しながら、マウスカーソルで特定の軌跡を描くことで、タブの開閉や更新、フルスクリーン表示などのジェスチャー操作を実現する。操作方法に関しては、すでにスマートフォン向けに実装されているジェスチャーとほぼ合わせるかたちとなっており、スマートフォン版ユーザーはすぐにでも直感的な操作ができる。

 また、アドレスバーと検索バーを統合、タブについては、スクリーンショットも表示するなど、UIを旧版から一新。数多くのタブを管理できるよう、マルチスレッド化を実現してパフォーマンスを大きく改善。タブを色と名前でグループ化できる「タブグループ」機能なども実現している。

 また、Mac OS XやiOS、Android向けのSleipnirとブックマークを自動で同期する「Fenrir Pass」にも対応。さまざまな環境で同じブックマークを利用できる。

 リリース日となる11月16日は、実はフェンリルにとって大きな転機を迎えた日なのだという。2004年11月16日、当時個人でSleipnirを開発していた代表取締役社長の柏木泰幸氏は、ソースコード一式を入れたPCの盗難にあった。それを契機にSleipnir2の開発を表明。フェンリルを立ち上げるに至った。

 Sleipnir 3 for Windowsは、開発を表明してから3年かけてのリリースとなった。これについてフェンリルでは、開発表明後にレンダリング速度の競争になり、オープンプラットフォームでのアドオン提供といったトレンドが出てくる中で、一度完成した仕様書を白紙に戻し、改めてインターフェースの「リッチさ」、タブ周りなどのこだわりの機能の「パワフルさ」を意識して開発を進めたとブログで説明している。

  • 右クリックとマウスの左右操作で、タブをなめらかに切り替えできる

  • 右クリックとマウス操作でタブを閉じるところ。画面にアイコンが表示される

  • 画面下部に表示されるタブのスクリーンショット

動画による「TouchPaging」のデモ

-PR-企画特集