携帯電話から画像を送信できるWi-Fi対応フォトフレーム--ソニー「S-Frame」

加納恵 (編集部)2011年11月08日 15時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月8日、デジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズにWi-Fi対応の「DPF-WA700/W700」を追加した。電子メールや家庭内LAN経由でフォトフレームに画像を取り込める。発売はWA700が11月25日。W700が2012年1月27日になる。

  • 「DPF-WA700」

 DPF-WA700/W700は7型のクリアフォト液晶を採用。液晶部は感圧式タッチパネルで、本体には1Gバイトの内蔵メモリとカードスロット、USB端子を備える。USBやメモリカード経由で画像を取り込めるほか、デジタルフォトフレームにメールアドレスを設定して、携帯電話やスマートフォンから撮影した画像を送信することが可能。ホームネットワーク内のPC内に保存されている画像もビューワ感覚で鑑賞できる。

  • 「DPF-W700」

 画像のほか、時計、天気も表示でき、表示イメージは4パターンを用意。Facebookと、ソニーが提供する写真、動画共有サービス「Personal Space」に登録されたアルバムも本体のみで見られる。

 サイズは高さ140.5(W700は130)mm×幅200(同201)mm×奥行き80.2(同61.6)mmで、重量は525(同425)g。上位機種となるWA700のみAVCHD動画、音楽ファイルの再生とradiko.jpに対応する。カラーはブラックとホワイトの2色を用意。両機種ともにリモコンは付属しない。店頭想定価格はWA700が2万円前後、W700が1万5000円前後になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加