logo

富士フイルム、裸眼で見られる3Dフォトフレーム第2弾--3Dモニタとしても利用

加納恵 (編集部)2011年11月01日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは11月1日、専用メガネなしで3D映像が見られる、3Dデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を発表した。3D対応のBlu-ray Discプレーヤーなどと接続すれば、3Dモニタとしても使用できる。発売は11月12日。店頭想定価格は5万円前後になる。

  • 「FinePix REAL 3D V3」

 FinePix REAL 3D V3は、同社が発売する3Dデジタルフォトフレームの第2弾だ。7.2型の「プレミアムクリア3D 液晶」を搭載し、裸眼での3D映像視聴が可能。3D表示にレンチキュラーレンズ方式を採用することで、従来機に比べ約1.4倍の明るさを確保している。

 同社の3Dカメラ「FinePix REAL 3D W3」で撮影した3D静止画、動画のほか、3D対応のビデオカメラや携帯電話、他社製デジタルカメラで撮影した映像の3D再生に対応。HDMI端子を備え、3D対応機器とHDMI接続すれば、3Dモニタとしても利用可能だ。2D表示時は、JPEGであれば最大1万×1万ピクセルの高解像度データの再生もできる。

 512Mバイトの内蔵メモリのほか、SDカードスロットを装備。本体サイズは高さ153.5mm×幅188.8mm×奥行き28.2mmで、重量は約415gになる。対応ファイルはJPEG、MPOマルチピクチャーフォーマット準拠、AVI。カレンダー、時計表示機能も備える。

-PR-企画特集