logo

インテル搭載Windowsタブレット、シェア獲得に苦戦か--米調査会社予測

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年10月25日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米市場調査会社DisplaySearchによると、Intelプロセッサで動作する「Windows」タブレットは、少なくとも今後2、3年間は市場のリーダーであるARMから大きなシェアを奪うことはないと予想されるという。

 同社のRichard Shim氏は米国時間10月24日に発表されたレポートで、主にIntelが使用するx86チップで動作するWindowsタブレットは、2012年の市場において1.8%のシェア(1億台のうち180万台)を占めるにとどまるだろうと述べている。Shim氏によれば、180万台のタブレットのうちほとんどは、Intelの「Atom」プロセッサを使用するだろうという。

 Shim氏によれば、2013年には、x86チップで動作する「Windows 8」タブレットは310万台となり、シェアが2.1%とわずかに増加する見込みだという。2013年のタブレット市場全体の規模は1億4800万台に拡大すると予想されている。

 Shim氏は、2013年にはx86ベースのタブレットの多くが、その年の前半に登場する予定のIntel「Haswell」プロセッサを使用するだろうと予想している。Haswellは、その前世代のプロセッサである「Ivy Bridge」よりさらに高度に統合されたメインストリームチップになると見込まれている。

 一方、ARM設計に基づくチップを搭載したタブレットの出荷台数は、2011年には前年から211%増加して5990万台になると予想されている。また、2012年には1億台弱にまで成長するという。

プロセッサ別に見た世界におけるタブレットPC出荷台数予測(単位100万台)''
プロセッサ別に見た世界におけるタブレットPC出荷台数予測(単位100万台)
提供:DisplaySearch

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集