logo

Westone、4ドライバ搭載のハイエンドイヤホン--着脱ケーブル採用

加納恵 (編集部)2011年10月24日 17時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シネックスは10月24日、米Westone(ウェストン)のイヤホン「Westone4 R-Series」を発表した。バランスド・アーマチュアドライバを4つ搭載したハイエンドモデルになる。発売は12月中旬。店頭想定価格は5万円前後の見込み。

  • 「Westone4 R-Series」

 Westoneは米国コロラドに本社を置くイヤホンメーカーだ。プロ用のイヤホンを手がけるほか、補聴器やイヤーピースなどを展開する。

 Westone4 R-Seriesは、低音域用2基、中音域用1基、高音域用1基と計4基のバランスド・アーマチュアマイクロドライバを搭載した4ドライバモデルだ。デジタルオーディオプレーヤーやPC、ゲーム機、ヘッドホンアンプと組み合わせて、ダイナミックなサウンドを体感できるとしている。

 ケーブルは2ピンコネクタの着脱式で、低反発のアラミド繊維を使用。編みこみ式ワイヤーケーブルにすることで耐久性に優れ、ほかのケーブルへのアップグレードもできるとのことだ。

 耳への装着は遮音性を高めたオーバーイヤーデザインを採用。プレミアムコンフォートイヤーチップが同梱する。本機にはポリマー素材のハードケースが付属し、携帯時の衝撃も抑えられるとのこと。ケースには防水加工も施されている。

  • ケーブルは着脱式になる

  • 編みこみ式ワイヤーケーブルを採用する

  • ハードケース

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集